お問い合わせ
075-257-2520
受付時間/平日 9:30~18:00
ご予約いただければ
受付時間外の対応が可能です
お問い合わせ

Private customer

取扱業務

遺言・遺産相続

遺産相続についてご相談に来られる方から、「故人は相続で揉めることはないから大丈夫だと言っていた。」とよく聞きます。相続人のための遺産が相続人を困らせる原因になっており、遺言が非常に重要となります。 遺言を残したとしても相続の争いが発生します。相続には家族の問題が絡み、法的に分配するだけでなく柔軟な解決が必要となります。それらのサポートをいたします。

不動産・賃貸借

不動産売買は非常に高額な取引となりますので、事前に契約書等を確認する必要があります。売却をお考えであれば、複数の仲介業者を紹介いたします。 不動産賃貸借では、契約書を正しく確認しなければ、当初予定していなかった賃料や明渡し・修繕費の問題等が発生し、大きな不利益を被ることとなります。不動産を明け渡してほしい場合でも適切に処理しなければなりません。不動産に関する予防、紛争などについて対応いたします。

離婚・男女問題

目の前の婚姻生活に悩んでいるときに明るい未来を考えることはなかなか難しいかもしれません。そんな中で、依頼者が少しでも明るい気持ちで人生の新たなスタートを切れるよう、最適な方法を一緒に考えましょう。離婚、財産分与、養育費・婚姻費用、親権等ケースに応じて柔軟な解決方法を提案します。

破産・個人再生

借金のお悩みがある場合、解決方法としては破産だけではなく様々な手段があります。依頼者のお話を具体的に聞いた上で、債権者と直接やり取りをする任意整理と、破産や個人再生等の法的手段のどちらが良いのかを一緒に考えていきます。

交通事故

交通事故では初動から適切な対応を取る必要があります。問題が生じてから弁護士に依頼した場合、すでに手遅れである場合も少なくありません。弁護士特約に加入していれば基本的に弁護士費用のご負担はありませんし、加入していない場合でも、弁護士に依頼するメリット等を確認できますので、一度ご相談ください。

起業サポート

起業当初は、法的な問題よりもまず売上を確保しなければならないため、弁護士によるサポートは不要に思われがちです。しかし、事業を成長させる上では、初期段階から弁護士によるサポートがあった方が紛争の予防や信頼性の確保に繋がります。私自身、多くの起業家を見てきているため、初期段階での弁護士への依頼は余裕がなく難しいことは重々理解しておりますので、事業の規模にあった法的サービスを提案いたします。

後見・補佐・補助

「老い」とは誰にとっても避けられないものです。判断能力が減退すれば福祉サービスの契約や遺産分割協議、不動産売買などの各取引などを適切に行うことができない可能性があり、消費者被害に遭うリスクも高まります。このような場合の適切な援助方法を一緒に検討していきます。

その他一般民事

上記に当てはまらないようなお悩みごとでも対応可能ですので、一度ご相談ください。

ご相談やサービスに関する質問など、お気軽にお問い合わせください。